ミニ四駆のブレーキセッティング | 立体コースで大活躍!

スポンサーリンク

こんにちは!
今回はアップダウンの激しい立体コースでは必須セッティングになりつつある、”ブレーキパーツ“のセッティング方法についてお話したいと思います!

立体コースで大活躍!ミニ四駆のブレーキのセッティング

ミニ四駆のブレーキセッティングで立体コース対策

ブレーキパーツはその名の通り減速効果を発揮するパーツで、マシンがジャンプしてしまうような場面で効果が出てきます。
スポンジタイプ、ゴムタイプとありますが、スポンジタイプが主流です。

では、そのスポンジブレーキを一体どのようにしてセッティングすればよいのでしょうか?

ブレーキのセッティング

セッティングの際に重要になるのは主に下記の3つの要素です。

    1:ブレーキの強さ(スポンジの種類(色)・長さ)
    2:ブレーキを取り付ける位置
    3:ブレーキを取り付ける高さ

では要素一つ一つについて掘り下げていきたいと思います!

ブレーキの種類・長さ

まずはブレーキの強さを左右するスポンジの種類と長さについてです!
現在ブレーキ用のスポンジは4種類存在しており、色によってブレーキの効き具合が変わってきます。

▼ 下の画像では、左のグレーが最も強力で、グリーンが最も効きの弱いブレーキになります。
グレードアップパーツシリーズ No.441 GP.441 ブレーキスポンジセット 15441
グレードアップパーツシリーズ No.441 GP.441 ブレーキスポンジセット 15441

さらに装着するブレーキの長さによってその効果も変化します。スポンジが短ければブレーキ効果は小さく、長ければ大きくなります。

ブレーキを取り付ける位置

続いて、ブレーキを取り付ける位置についてです!

ブレーキは基本リア部分とフロント部分に装着します。
コースによって変わる場合もありますが、まずはリア部分にブレーキを装着し、リアブレーキだけでは制御出来ない場合は、フロントにも追加で装着する流れになります。

さらにそのブレーキが後ろであればあるほど、または前であればあるほど、地面との設置時間が長くなりブレーキ効果が大きくなります。

ブレーキを取り付ける高さ

最後にブレーキを取り付ける高さについてです。

フロント、リア、どちらの場合でもブレーキを取り付ける高さが高ければ高いほど効果は小さく、逆に低ければ低いほど効果は大きくなります。

ブレーキセッティングを行う上での注意点として、スポンジパーツは両面テープのみで取り付けることになるので、しっかりと貼り付ける必要があります。

ブレーキセッティングは奥が深い…

ブレーキセッティングはマスダンパー等の他パーツとの兼ね合いも発生するため、なかなか苦戦する要素です。

ブレーキセッティングは本当に難しく、弱すぎるとコースアウトしてしまい、強すぎると完走はできるものの全体のタイムは落ちてしまうので、絶妙なセッティングが必要になってきます。
様々な立体コースを様々なブレーキの強さで何度も走行して、感覚を掴んでいくしかないでしょう(><)

グレードアップパーツシリーズ No.458 GP.458 ARシャーシ ブレーキセット 15458 グレードアップパーツシリーズ No.458 GP.458 ARシャーシ ブレーキセット 15458

タミヤ
売り上げランキング : 1458

Amazonで詳しく見る

ですがこのセッティングをマスターすると立体コースの完走率がグッと上がるので手間をかけて損はないですよ!^^

スポンサーリンク