ミニ四駆のレーンチェンジでのコースアウト対策

スポンサーリンク


ミニ四駆を始めておそらく一番最初に立ちはだかる壁”レーンチェンジ”!!
マシンの速度が出るようになってくると、制御できずにコースアウトしてしまう場面が増えてきます><
今回は自分がこれまでに試したレーンチェンジ対策方法についてお話したいと思います!

ミニ四駆のレーンチェンジでのコースアウト対策

ミニ四駆のレーンチェンジでのコースアウト対策

ローラーの角度調整

シャーシのフロントバンパーには元々ある程度角度がついていますが、この角度を更に大きくするとローラーの回転によってマシンを地面に押し付ける力が増します。その力を利用することで、レーンチェンジを攻略出来る確率が上がります。

ローラーの角度を変更するには一般発売されているローラー角度調整プレートセットを使用します。
このパーツには1度~3度までのプレートが付属しており、このプレートの装着することでローラーの角度を大きくすることが出来ます。

グレードアップ No.373 GP.373 ローラー角度調整プレートセット 15373 グレードアップ No.373 GP.373 ローラー角度調整プレートセット 15373

タミヤ
売り上げランキング : 26013

Amazonで詳しく見る

角度を大きくしすぎてしまうとコーナーで減速してしまうので、出来るだけ必要最低限の角度にセッティングすることをオススメします^^

フロントにアンダースタビを取り付ける

フロントバンパーの下部、地面から少しだけ距離を置いた位置にギアスタビ等を装備します。
このスタビを装着することによってジャンプ時の姿勢を制御し、レーンチェンジでのコースアウト防止に役立ちます♪

タミヤからアンダースタビヘッドセットというものも販売されています^^

グレードアップ No.361 GP.361 アンダースタビヘッドセット 15361 グレードアップ No.361 GP.361 アンダースタビヘッドセット 15361

タミヤ
売り上げランキング : 61437

Amazonで詳しく見る

リアにセンタースタビを取り付ける

上段ローラーと下段ローラーの間にスタビパーツを装着します。

「ローラーの間じゃ機能しないんじゃ?」…と思うかもしれませんが、特に大径タイヤを使用した際、ジャンプ時に上段ローラーがコースの壁よりも高い位置になり機能しなくなってしまう場合があります。そうなってしまった際に装着したセンタースタビが上段ローラーの代わりとなってマシンの姿勢を制御してくれます^^

フロントアンダーガードを装着

フロントバンパー下部にアンダーガードを装着することである程度のブレーキ効果とジャンプ時の姿勢制御になります。

グレードアップ No.405 GP.405 フロントアンダーガード 15405 グレードアップ No.405 GP.405 フロントアンダーガード 15405

タミヤ
売り上げランキング : 7779

Amazonで詳しく見る

ブレーキを取り付ける

上記の対策で攻略出来なかった場合の手段。減速装置なので装備しないに越したことはないです(笑)

ブレーキセッティングは装着する位置・高さ・ブレーキスポンジの長さや種類等、とても細かいセッティングが出来るようになっています。レーンチェンジでマシンがジャンプする前に減速することでコースアウトするリスクを下げることができます^^

なかなか苦戦してしまうレーンチェンジですが、対策することで確実に攻略出来るようになってくるので、いろんな方法を試してみてはいかがでしょうか(。≧ω≦)

スポンサーリンク