ミニ四駆の電池と充電器

スポンサーリンク


ミニ四駆の走りを大きく左右する心臓部とも言えるパーツ”モーター”!
今日はモーターについて!…ではなく、そのモーターを回転させるために必要な電池と充電器に着目してみたいと思います!

ミニ四駆のおすすめ電池と充電器

ミニ四駆の電池と充電器

まず前提として、基本的にミニ四駆の大会で使用できる電池はタミヤから発売されているパワーチャンプとネオチャンプどちらかになります(大会によっては電池が現地で支給される場合があります)。
パワーチャンプは使い切りタイプなので、繰り返し使用できるニッケル水素電池のネオチャンプが多くのレーサーに親しまれています。

私が普段使用していておすすめなのはパナソニックから発売されている”エネループライト充電器セット”!
練習時はエネループライトの充電池を使用し、大会時はネオチャンプをしています^^(エネループライトとネオチャンプは同スペック…らしいです笑)

 

コストパフォーマンスを優先しこの充電器を使用していますが、周りの早いレーサー達を見ていると、あまり市販では見かけない大きいものを使っていました。


話を聞いてみると…

「充電時間は短い程いい」
「短すぎると充電池を痛めてしまう」
「放電と充電はしっかり管理」
「過放電に気を付ける」
「出来るだけ当日に充電を」

…等の情報を得ることが出来ました♪


一つ一つ調べてみると、
1セットの充電池を長い時間をかけて充電するよりも短い時間で充電したほうが速くなるみたいですΣ(゚Д゚;)
(例:3時間かけて充電>7時間かけて充電)
そのため、短い時間で充電出来る充電器を使用したというわけです!ですが、極端に短い時間で充電してしまうと電池が傷んでしまい寿命が短くなってしまうので程よく…とのこと。難しいですね><


充電池のイメージとして「出来るだけ使い切ってから充電した方がいい!」といった印象がありますよね?
これはイメージ通りで、なくべく電池を使い切ってから充電した方がいいみたいです!ですがこちらもやりすぎてしまう(過放電)と電池を痛めてしまうので要注意とのこと。
放電機能(リフレッシュ機能)のついた充電器で放電するのが一番安全でおすすめです♪


▼充電、容量確認、放電、ブレークイン、リフレッシュ、スマホ連動等を備えた高性能充電器。おすすめです▼
HITEC ハイテック AA/AAA CHARGER X4 ADVANCED
HITEC ハイテック AA/AAA CHARGER X4 ADVANCED


そして、一度充電してしまえばいつ使用しても大丈夫と思っていたのですが、何やら充電池は充電完了した直後が最も性能を発揮出来るタイミングとのこと!
何日か前に充電するのではなく、前日や当日家を出る前に充電するのがいいですね^^

充電器はタミヤさんを始め様々な製品が発売されているので、どれを選んでいいか悩んでしまいます(´Д`。)
上級レーサーの方々からいただいた情報を元に「充電時間」や「放電の可否」等に着目して探してみようと思います!(@^▽^)/

スポンサーリンク