懐かしのミニ四駆 ブロッケンG!

スポンサーリンク


こんばんは!

今日はアニメ爆走兄弟レッツ&ゴーで強烈なインパクトを放っていたマシン、懐かしのブロッケンG(ギガント)についてまとめてみたいと思います^^

懐かしのミニ四駆 ブロッケンG!

懐かしのミニ四駆 ブロッケンG!

初のフロントモーターシャーシ採用!

アニメでは、小学生とは思えない見た目の”近藤ゲン”が使用していたマシンで、かなりの重量級マシンになっていました。

初となるスーパーFMシャーシの採用で、モーターがフロント部分に配置されているのが最大の特徴になっています。

2次ブーム当時、初のフロントモーターということで発売直後は使用者がとても多かったのを覚えています。
見た目が非常にかっこよく、男心をくすぐるような無骨なデザインになっているので、自分好みに塗装されたマシンをよく見かけていました。

ただフロントモーターは従来のシャーシと作りが変わっているため使いこなすのがなかなか難しく、苦戦の声も多く上がっていました。
モーターの位置が逆転することによりマシンの重量バランスが変わるため、セッティングの方法も大きく変わってきます。

アニメで大活躍^^

そんなマシンがアニメではサイクロンマグナムやハリケーンソニックに追いつけるような速度を誇っていましたが、その理由づけとして”空気抵抗を極力なくすようなシャーシ設計になっているため”…ということでした。

さらにアニメではその重量を生かした必殺技”ハンマーGクラッシュ”が非常に驚異的でした^^;
さすがにそれだけの重量を実際のマシンで再現することは無理ですが、重量級としての見た目のイメージはしっかりと再現されています。

最近のレースではあまり見かけない…

最新のシャーシが登場している現在ではフロントモータータイプのマシンを見かけることが少なくなってしまいました。
ブロッケンGを使用しているレーサーもなかなかいない状態です。見た目は本当にカッコいいんですけどね…。

フルカウルミニ四駆シリーズ No.14 ブロッケンギガント ブラックスペシャル (スーパーFMシャーシ) 19414 フルカウルミニ四駆シリーズ No.14 ブロッケンギガント ブラックスペシャル (スーパーFMシャーシ) 19414

タミヤ
売り上げランキング : 991

Amazonで詳しく見る

そんな状況でもスーパーFMシャーシとブロッケンGを使用している方は、本当に愛ゆえにできることだと個人的には思います。

従来型の進化版シャーシとしてARシャーシ、ダブルシャフトモーター型ではMAシャーシ等が登場しているので、いつかフロントモータータイプのシャーシも新登場するかもしれませんね♪

もしそうなったらブロッケンGのようなマシンもまた第一線で活躍できる機会が増えると思うので非常に楽しみです^^

スポンサーリンク