ミニ四駆の可変ダウンスラストローラーの有効性

スポンサーリンク

ミニ四駆のアルミ可変ダウンスラストローラーセット

可変ダウンスラストローラーの有効性

最近ではほとんど見かけなくなりましたが、可変ダウンスラストローラーを覚えているでしょうか^^;

まだスーパー1シャーシが主流だったころ、ワンウェイホイールと合わせて、夢パーツと呼ばれていたものです。初期のロッドはプラスチックでしたが、現在販売されているものはアルミ製に変更され、強度が上がっています。今回はこの可変ダウンスラストローラーの効果と有効性についてまとめてみたいと思います。

可変ダウンスラストローラーの効果

可変ダウンスラストローラーはフロントバンパーに取り付けるローラーの一種で、走行中にローラーのスラスト角を増減することによって車体を安定させるパーツです。
これを取り付けると、連続カーブのセクションでコースアウトをしなくなり、直線では、スラスト角(ローラーの角度)が減るので、トップスピードを伸ばすことができると言われています。現在のロッドはアルミ製で重いので、実際は、トップスピードが伸びる効果はかなり薄いです。

メリットとデメリット

メリット

  • スラスト角を変化させることにより、トップスピードを維持しつつ、安全にコーナーをクリアできる。
  • スーパー1シャーシの剛性アップに効果がある。
  • つけている人があまりいないので、結構目立つ


デメリット

  • 減速効果が激しい
  • 取り付けると前が重くなり、ジャンプの姿勢が不安定になる
  • スーパー1シャーシの根本的弱点であるフレーム割れには対処できない
  • 取り付けられるシャーシが少ない
  • プラスチック製の初期ロッドだとすぐに割れてしまう


・・・デメリットがかなり上回っていますね^^;

可変ダウンスラストローラーは使えるのか

上記で上げたように、どちらかというとメリットよりデメリットが多いパーツです。ただ、ローラーを低摩擦プラローラーなどに変えることにより、減速を多少抑えることができます。
また、ローラー幅を大きくするための加工素材として使われることもあります。


【このパーツはどんなことに向いているのか】

  • ウルトラダッシュなど、超高回転型のモーターを使用し、コースアウトが多くなってきた方
  • とにかくスピードはいいから目立ちたいという方。
ミニ4駆グレードアップパーツ No.176 アルミ可変ダウンスラストローラー ミニ4駆グレードアップパーツ No.176 アルミ可変ダウンスラストローラー

タミヤ
売り上げランキング : 29576

Amazonで詳しく見る


ものすごく使い方が制限されるパーツです。基本的には競技に使えないので、初心者の方にはあまりお勧めしません^^;
ただ、プラズマや、ウルトラダッシュを使っている方にはとても効果があるので、気が向いたときにでも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク